松山の医学部専門予備校を振り返ってみて

知識や理解度を試すための小テストが行われた

まず得意科目(あくまで自分の主観でした)である数学は、これまで通り、学校の授業と補修(副教材を使った問題演習)を中心にすすめる。
また、自信のない英語は予備校の授業に完全に切り替える。
(英語に関しては、単語レベルから不安がったため、教材を広げることをせずに予備校の基礎コースからの受講に切り替えました。
)そして、センター試験だけに必要な科目に関しても予備校の授業を中心に勉強の計画をたてました。
この計画は、実は自分ひとりで考えたわけではありません。
私の選んだところには、勉強方法などのカウンセリング専任の方がいらっしゃったので、正直に今直面している問題を相談した結果です。
そのカウンセラーさんの話では、医学部だからといって基礎力を軽視しては絶対に合格はできないとのアドバイスが有り、その当時の学力をベースに考えてもらったプランでした。
最初は、予備校の授業だけで本当に大丈夫かどうか不安もありましたが、毎日の授業に加えて、知識や理解度を試すための小テストが行われたこともあり、少しづつではありますが、着実に基礎力を固めることが来たのではないかと感じています。

高校3年から合格を勝ち取るために私のとった作戦 | 知識や理解度を試すための小テストが行われた | 本人のやる気と工夫次第ではきっとうまくいく

医学部 予備校 松山 | 横浜市立大学医学部(偏差値・学費など)|医学部受験マニュアル